多摩川・右01 大師橋〜六郷橋

サイクリングロ−ドは舗装道路と砂利道が混合し、あまり走りやすくない。
景観も寒々しく、空気や川も汚く感じられる。正直、「う〜む」なエリアである。

また、この辺りのホ−ムレスは警戒心が強いのか?やたらジロジロと見られた。
もっとも、ホ−ムレスなのか、釣り人なのかが区別つかない。パッと見た目は同じであった。

大師橋、産業道路、首都高速の3本の下をくぐる
左にスタンドがある
右は大師河原球場
スタンドでおにぎりを食べていたが、
ホ−ムレスがこっちを伺っていた
ロ−ドは土手上へ
しばらくは舗装道路
大師河原の大きな水門
左は大師河原一丁目公園
トイレ、水場あり
「貝類を洗わないで下さい」と書いてある
渡しの所に、小さな干潟がある
ここで貝が採れるのか
隣りにホ−ムレスが住んでいる
カニがたくさん 貝もあった
ヤドカリだ
セキレイがいた
サイクリングロ−ドに戻る
この辺りまでは走りやすいが
工事中の為、コ−スは河川敷へ降りる
中瀬サッカ−広場に出る
河川際にベンチがあるが、ホ−ムレスもうろついている
水際に出てパチリ 漁業?調査?
水深は深くないようだ
猫がいた
河川沿いは猫が多かった
コ−スは工事フェンス隣りの砂利道を進む ホ−ムレスの畑か?
丁寧に作られていた
狭い… ホ−ムレス小屋だらけ
工事エリアを過ぎると、土手上のサイクリングロ−ドへ やっと舗装道路だが…
隣りは味の素の工場で、匂いが凄い
川崎河港水門が見えてきた
モダンな作りで、一見の価値あり
水門の裏から、またダ−ト
5kmポストからの景観
六郷橋(水色の橋)も見える
砂利道が続く
サイクリストはいない
土手右は水鳥がたくさん
※野鳥の模様は、下記ブログをご覧下さい
各種カモ類や
カモメ類が観察できて面白い
砂利道を避けて、左の車道へ そのまま六郷橋に突き当たる
左に曲がる
旧東海道の標識の所で、六郷橋をくぐって次のエリアへ

 【ブログ・レポ−ト】
 
自分のブログ「色彩乱舞3・大河のブログ」に飛びます。

 ■ 2014/01/05 トビvsカラス
 ■ 2013/11/09 多摩川・右側 六郷橋〜大師橋 野鳥

上流へ 下流へ 左側へ
TOP