多摩川・左16 拝島橋〜睦橋

昭島市から福生市に繋がるエリアである。
とにかく野鳥がたくさんいて、特に昭和用水付近は小鳥が飛び交っている。

それなりに整備された公園を通って行くので、トイレの心配は要らない。
但し、サイクリングロ−ドの道幅が、かなり狭い所が多い。
しかも、土手下は奈落の底状態なので、すれ違いには充分注意したい。

拝島橋の下を潜り、上に出ると
土手左には拝島自然公園が広がる
橋が架けられるまでは、船による対岸への移動が行われていた
その跡である
多摩川には、渡しの跡が数多くある
園内をツグミが歩き回っていた
河川の小さな分流は、やや干上がり気味
ここで猫か狸だかの小動物が足下を走り去り、かなり驚いた
バ−ベキュ−広場
トイレ、時計もあり
情操空間だが入れる部分もあるようで、散歩している人も多い
自分も突入してみた
この終末感が堪らない
奥にホ−ムレス小屋があるので、この道は回避
カシラダカがいた
こちらは行き止まりだった
なんとか河川に出られた
河原にはコチドリがいた
保護色になっているので、見つけにくい
面白い地層だ
少しずつ崩れており、川に落ちる音でびっくりする
流れが速い所もあり、要注意
「猛禽か!?」と思ったら、対岸で飛ばしているラジコン機だった
ロ−ドに戻り、サイクリング再開
土手右は工場や土木作業場が多い
ご覧の通り、道幅が狭い
土手左は生態系保持空間
右にベンチがあり休む事もできる
拝島水道橋
橋と言っても、水道管(?)が通っているだけで、渡る事はできない
※橋下の模様は、下記ブログをご覧下さい
通行量がない時は、土手上から野鳥観察・撮影
排水樋管 この辺りも野鳥が多い
ホオジロだ
土手下は急斜面になっており、落ちたら大変である 少し行くと、ロ−ドはぐるぐる回る坂道になる
この辺りは、特に野鳥が多い
昭和用水堰
鮎か!? 以前、投網している人もいた
魚も豊富なようだ
山々の景色がとても良い
右の土手下に小振りな公園がある
バ−ダ−なら、この公園の奥の方もチェック
用水路があり、小鳥もいる
ジョウビタキ(オス)
人慣れしているのか、いつも至近距離で撮れる
カワラヒワ
「コロコロ」という囀りがプリミティブ
野鳥と戯れて、ロ−ド再開
4月以降になると、多摩川ではキジが盛んに鳴き始める
サイクリング中、丁度ここで出会えた
※キジの模様は、下記ブログをご覧下さい
少し行くと、水鳥公園に出る
※公園の模様は、下記ブログをご覧下さい
藪が果てしなく広がり、河原には出られなかった
用水路の小さな橋を渡ると、福生市になる
そこからは福生南公園
ご丁寧に自転車通路がある
歩行者通路もあるのに、ここを歩いている中高齢者に注意
失礼ながら、老害のようなものである
ほぼ舗装されているが、ダ−ト部分もあり
公園は落ち着いた雰囲気
右には、多摩川に繋がる用水路
セキレイが園内をとことこと歩いていた
河川敷も散策できるが、工事中で無理
睦橋が見えてきた
正面の小さなトンネルを潜り、次のエリアへ

 【ブログ・レポ−ト】
 
自分のブログ「色彩乱舞3・大河のブログ」に飛びます。

 ■ 2014/03/05 昭和用水堰 野鳥 パート3
 ■ 2014/03/05 昭和用水堰 野鳥 パート2
 ■ 2014/03/05 昭和用水堰 野鳥 パート1
 ■ 2014/03/04 昭和用水堰 エナガ
 ■ 2014/03/04 昭和用水堰 ベニマシコ(オス)
 ■ 2014/01/23 水鳥公園 パート2
 ■ 2014/01/23 水鳥公園 パート1
 ■ 2013/04/23 多摩川 キジ
 ■ 2013/04/18 福生南公園 背のばしベンチ
 ■ 2013/03/01 多摩川 拝島水道橋
 ■ 2013/02/21 多摩川 昭島市 野鳥
 ■ 2012/12/06 昭和用水堰 野鳥 その2
 ■ 2012/12/06 昭和用水堰 野鳥 その1
 ■ 2012/12/05 多摩川 昭和用水堰 ジョウビタキ(雄)

上流へ 下流へ 右側へ
TOP